2008年03月30日

ちりとてちんが・・・

昨日で『ちりとてちん』が終わりましたね。
なぜか、今回のはいつになく面白くて、本当に毎日楽しみにしておりましたが・・・
中でも、若狭塗り箸職人のおじいさんの言葉がとても気に入っていました。

 『人間も箸と同じや、研いで出て来るのは塗り重ねた物だけや、一生懸命生きてさえおったら、悩んだ事も落ち込んだことも、綺麗な模様になって出て来る、お前のなりたいものになれる』

含蓄のある台詞でした。
要領が良かったり、口先だけではなく、努力したことが報われる、そういう社会に少しでも近づけなければなりませんね。 
そんなことを教えられたドラマでもあった、と思いました。
続編が楽しみですが・・・



fashionkoubou at 19:26│TrackBack(0)clip!お気に入り | 一般

トラックバックURL