2007年12月

2007年12月06日

月の兎の運呼?!

今日のニュースで、長野県中野市が開発した豆菓子「月の兎の運呼」が、発売4ヶ月で約4000個を売り上げる「ヒット商品」になっているそうな。
当初は、1年で3000個くらい売れればとのことだったそうですが、
テレビに映し出された「月の兎の運呼」は、ごま豆腐で豆のまわりがくるんであって、ちょっと「微妙・・・」っていう感じでした。試食を勧められた道行く人たちは、後込みする姿も。
ところで、我が家でも時々「月の兎の運呼」ならぬ、「ニャンコのウンコ」がコロコロと転がっているときが・・・
あらあら、びろうな話ですみませ〜〜ん!
びろうついでにもう1つ、猫砂(猫のトイレ)に「キャッツエコ」と言う商品を使っているのですが、それが、猫ちゃんの使用後、まるで「おはぎ」のようになって固まっているんです。それはそれは、何とも美味しそうで・・・あらら、またまた失礼いたしました

fashionkoubou at 23:35|PermalinkTrackBack(0)clip! 

2007年12月05日

(=^・・^=)wake-up

今日、友人からメールが来たんです。
そこには、アメリカのニャン友(?!)から来た動画が添付されてました。
その動画を見たら、我が家のトラちゃんとオーバーラップして、思わず笑ってしまいました。
ベッドに寝ているご主人さまを起こそうとして、上に乗ったり、ガリガリ引っかいたり、耳を引っ張ったり、挙句の果てバットでひっぱたき寝たふりをして・・・
あはは・・・、ニャンとも言えずユーモラスなんです。
ご覧になりたい方は、ご連絡くださいニャー

fashionkoubou at 23:49|PermalinkTrackBack(0)clip! 

2007年12月04日

今日のお教室

ずいぶん寒くなってきました。
そろそろ、コートが欲しくなってきますね。
今日は、綿ニットのプルオーバーが完成、手織りの紬でシンサレート入りの暖かなベスト(ちゃんちゃんこ風)が完成、綸子の羽織を中綿入りのハーフコートにリフォーム、そして、残布でかわいい巾着袋が完成したりと・・・
それぞれ、出来上がった作品を見ながら、感嘆の声を上げたり、試着してみたりと・・・
これがあるから、お教室っていいんですよね!!
私も、一緒に楽しませていただきました。
でも、写真を撮り忘れて、とっても残念
次のときは、写真も一緒に載せなくちゃ

fashionkoubou at 23:08|PermalinkTrackBack(0)clip!洋裁教室 

2007年12月03日

お教室のミシン

05a06ecf.JPG教室には、様々なミシンが置いてあります。
その中でも、「このミシンが置いてある洋裁教室はめったにないですよ!!」と言われるのが、切躾用のミシンです。
このミシンを使いこなすのは結構大変ですが、急ぎのときなどは威力を発揮してくれます。


ボタンホールのミシンカバーステッチ
次は、ボタンホールのミシンです。ボタンホールは、手かがりで出来れば最高ですが、美しく格好よくかがるのは難しいので、心強い助っ人と言うところでしょうか。大活躍のミシンです。

そして、またまたお世話になるのが、カバーステッチのミシンです。最近は、家庭用も出回ってまいりましたが、このミシンのようにはいきません。このミシンがなかったら、ニット生地のときにどうしていたでことしょう・・・

fashionkoubou at 23:04|PermalinkTrackBack(0)clip!洋裁教室 

2007年12月02日

ミシンの話

ミシンを選ぶ時の判断基準というのは、いったいどんなところにあるんでしょう。
沢山の種類があって、迷ってしまいます。
外観(デザイン)でしょうか、それとも値段でしょうか?
それももちろん選ぶときの一つの要素かもしれません。でも、縫えればいいのではなく、何を縫うのか、どんな使い方をしたいのか、性能が判断基準でなければ失敗してしまいます。
家庭用ミシン、工業用ミシンとありますが、工業用ミシンと聞いただけで、敬遠されるかもしれませんが、どんな違いがあるのでしょう?
一つには、ミシンの台とミシンのアームの下の大きさが違うのです。縫うものが、いつも左側に来るとは限りません、そのときに窮屈だと苦労します。
コートのような大物や、デニムのような厚い固い生地を縫おうとすると、家庭用ミシンでは、糸はプツンと切れ、針は折れ・・・なんていうことになります。
工業用ミシンは、押え金と送り金の力が違います。音も静かで、スピードも違います。
ということで、これからミシンを・・・なんてお考えになっていらっしゃる方は、今一度判断基準をどこにおいて選ぶかご一考を!!
ここでちょっとお世話になっているミシン屋さんをご紹介します。
名前は、調布の荒井特殊ミシンさんです。時々間違えられます。「先生のお宅はミシン屋さんだったんですか?」・・・
いえいえ、息子の高校時代からの親友のお父さんなんです。彼が、工房の引越しを手伝いに来てくださったとき、「僕のうち、ミシン屋なんだ!」・・・というわけで、それからずうっとお付き合いいただいています。

fashionkoubou at 00:09|PermalinkTrackBack(0)clip!洋裁 

2007年12月01日

カマキリの卵?・・・第2弾 カメムシの大量発生?!

今日、またまたアンブーさんで聞いた話です。
「カメムシが大量発生すると、大雪が降るって聞いたことがありますよ!」
「エエッ〜!! 今度はカメムシ??」
というわけで、またまた調べたところ、なんとカメムシ博士さんもいらっしゃるそうな・・・
ところで、秋に発生するカメムシは、スギの実から汁をすって大きくなるとの事。餌が多ければ当然カメムシも増える。スギの球黒が実った年はカメムシが大量発生する条件が整っているのです。
スギの実が沢山つく気象条件の1つが、大雪が降るような年の天候なんだそうです。
なるほど・・・
すると、今年はやはり大雪なのかしらん・・・?
寒いのは苦手です・・・

fashionkoubou at 22:56|PermalinkTrackBack(0)clip!一般