2014年03月11日

増田セバスチャンさん!?

TS3W0120TS3W0119TS3W0118


先ほど帰ってまいりました。
以前、あのヴィトンとのコラボレーションにより、黒地あるいは白地にモノグラムをカラフルに配した「モノグラム・マルチカラー」を発表した日本人デザイナー村上隆さんのところでプロジェクトアシスタントをしていた友人が、今回は増田セバスチャンのところで、NYでのデビュー展のお手伝いをしていらっしゃるとのことで、9日にギャラリーでのパフォーマンスをのぞきに行ってきました。
日本からなのかどうかわかりませんが、若い子たちがたくさんやってきていました。
キャリーぱみゅぱみゅさんもパフォーマンスのためにいらっしゃいました。
ずいぶん小柄なお嬢さんでした。
増田さんは1995年にオープンした原宿の人気ショップ「6%DOKIDOKI」のプロデュースのほか、きゃりーぱみゅぱみゅさんのPVやライブの美術演出などを手掛けている。カラフルでポップな世界観を作り出す増田さんは原宿Kawaii文化の第一人者とされている。

 会場はチェルシーのギャラリー「Kianga Ellis Projects(キアンガ・エリス・プロジェクツ)」(516 West 25th St., Studio 306B)。個展のタイトルは「色彩の反抗」を意味する「Colorful Rebellion − Seventh Nightmare」で、「7つの大罪」をテーマに増田さん自身の内面を表現したカラフルな作品が展示される。

 今回ニューヨークでの個展開催について増田さんは「原宿Kawaii文化は、昨今では分かりやすい表面上の派手さや奇抜さばかりがクローズアップされているが、原宿という街の特異性は、誰にも邪魔されずに表現できる自由な場所だということ。あえて自分のことを誰も知らないニューヨークというアートのメジャーリーグで、より多くの人に原宿Kawaii文化の本質的な部分を届けようと試みたい」と意気込みを語る。

あはは、私たちおじさんおばさんでは、ちょっと場違いな気がして…
早々に帰ってきましたぁ〜



fashionkoubou at 11:30│TrackBack(0)clip!

トラックバックURL