2013年03月04日

ムックちゃんがぁ・・・

昨晩は、突然異様なにおいが・・・
ニャンの下痢のような、そうでないような・・・
何しろ臭くて臭くてたまらないんです。
よく見たら、床に何やらポタポタと。。。
においの原因はこれだぁ〜
どうやら犯人は、ムックちゃんの様子。
お尻をペロペロと舐めているんです。お尻の横が赤くただれていました。
あらあら、これは大変!!
以前にムックちゃんがなった病気と同じかも・・・
すると、入院になるのかしらん?

今朝、一番で病院に連れて行ってもらったところ、やはり以前と同じでした。
捕まえられて、まだ残っている分泌液を搾り取られ、大騒ぎ。
先生曰く、「 お尻の周りは痛いんだよ! 」 まあ、なんて可哀そうなムックちゃん!
でも、抗生物質を2本注射され、塗り薬と飲み薬でよいそうな。。。

病気の正体は、「スタッドテール
調べたところ、こんな風に載っていました。
去勢をしていないオス猫
ペルシャやチンチラといった長毛種の猫でよく見られます。

原因は、たぶん「臭い付け(スプレー行為)」の時の分泌液だろうという事です。
とにかく
この黒っぽいワックス状のものが皮膚にベッタリくっついて
皮膚炎をおこす事になるなるんです。

シッポの裏側が赤く腫れ、
痛かゆいので猫自信が、口でフガフガかき、毛をむしる
そしてそれが化膿してしまうことにもなるのです。

化膿してしまった場合は、抗生物質の飲み薬を使うことになるでしょうが
そうならないように

ですって・・・

あらら、ムックちゃんは雌猫なのに、そうなっちゃいましたが・・・
今朝、病院に行くときは、殺気を感じたのかどうか、隠れちゃって捕まえるのに一苦労しましたが、
病院から帰ってきたら、もうルンルンで、病院での大騒ぎはどこへやら・・・
やはり、人間も動物も健康が一番ですね!!  

何故かまたまた、びろうなお話で・・・


fashionkoubou at 22:30│TrackBack(0)clip!

トラックバックURL